集団ストーカーとは

集団ストーカー犯罪は誰もがターゲットとなる可能性がある

はじめに

ストーカー犯罪は被害者の生命が危ぶまれる犯罪であり、特に元交際相手や特定の人物から狙われている被害者にとって緊急事態であることは、悲惨な事件を報道するニュースで知られています。被害者が徹底して守られるよう心から願うばかりです。

集団ストーカーについては報道されることがありませんが被害はかなり多く、自殺に追い込まれた犠牲者は計り知れません。この犯罪は直ちに命を狙われるのではなく、被害者を不特定多数の人間が自殺に追い込むのです。

私自身この犯罪の被害者であり、自殺は絶対にしませんが、どれ程辛い状況であったか言葉では言い尽くせません。家族と、他の被害者の方々のおかげで今の私があります。

とにかく早急に伝えなければならないこと、それはこの犯罪は誰もがターゲットになり得る可能性があること、日本は決して安全ではないということです。創価学会が関わっていると言えばご理解いただける方も多いのではないでしょうか。勧誘を断ったら嫌がらせをされたという話は有名ですが、想像を絶する不気味な嫌がらせが日本各地、至る所で実行されているのです。

もちろん関与しているのは創価学会員の一部であり、また、知らずに加担させられている場合もあるでしょう。気がかりなのは未成年まで加担させられていることです。中高生だけではありません。小学生や幼稚園児までもが加担させられているのです。これは児童虐待であり、このような運命を背負った子供に対して被害者は複雑な気持ちになります。

その他、雇われたアルバイトや探偵、騙して一般人まで嫌がらせに加担させ、創価学会以外のカルト宗教や団体もストーカー犯罪を行っているようですが、やはり創価学会が組織的に行っていると言わざるを得ません。

実際どのような被害があるのか、衛星放送で放映された動画があります。被害内容については被害者の状況や被害の年数により様々ですが全国で共通した嫌がらせも多く、被害は延々と続きます。動画の前半では被害者が被害を訴える看板を見てタレントの方がおびえ、加害者が被害者を装うという、この犯罪が長い間揉み消されてしまった経緯をご理解いただけると思います。

被害者の方へ

集団ストーカー犯罪についてこれまで様々な場所で訴え続け、被害対策などを発信し、大変辛い状況の中他の被害者を励ますことまでしていただきありがとうございました。必ずこの犯罪が明るみに出て首謀者が逮捕される時が来る、この犯罪がなくなると信じています。全国の被害者の方々がチラシを配布し、店舗で掲示してもらい、一般の方々への周知が進んでいると思うととても心強くなります。

このサイトで使用される内容や言葉はほとんど先駆者の方々がすでに書かれたものだと思います。わかるものは出展やリンクで明記するようにします。お詫びと感謝を申し上げます。