[はじめに] 集団ストーカー犯罪は誰もがターゲットとなる可能性がある

はじめに

ストーカー犯罪は被害者の生命が危ぶまれる犯罪であり、特に元交際相手や特定の人物から狙われている被害者にとって緊急事態であることは、悲惨な事件を報道するニュースで知られています。被害者が徹底して守られるよう心から願うばかりです。

集団ストーカーについてはほとんど報道されることがなく、インターネットでは加害者側が意図的に流したとみられるデマも多いのが実情です。ところが被害はかなり多く、自殺に追い込まれた犠牲者は計り知れません。この犯罪は直ちに命を狙われるのではなく、被害者を不特定多数の人間が自殺に追い込むのです。

私自身この犯罪の被害者であり、自殺は絶対にしないと決めていますが、どれ程辛い状況であったか言葉では言い尽くせません。家族と、他の被害者の方々の活動のお蔭で今の私があります。

とにかく早急に伝えなければならないこと、それはこの犯罪は誰もがターゲットになり得る可能性があること、日本は決して安全ではないということです。加害者が創価学会だと言えばご理解いただける方も多いのではないでしょうか。勧誘を断ったら嫌がらせをされたという話は有名ですが、想像を絶する不気味な嫌がらせが日本各地、至る所で実行されているのです。

もちろん犯罪に関与しているのは創価学会員の一部であり、また、犯罪だと知らずに加担させられている場合もあるでしょう。気がかりなのは未成年まで加担させられていることです。中高校生だけではありません。小学生や幼稚園児までもがこの犯罪に加担させられているのです。これは児童虐待であり、犯罪者にさせられる運命を背負った子供に対して被害者は複雑な気持ちになります。犯罪が明るみに出たその時、公明党は一体どのように説明するのでしょうか。その他、金で雇われたアルバイトや探偵、騙して一般人まで犯罪に加担させ、創価学会以外のカルト宗教や団体もストーカー犯罪を行っているようですが、やはりこの犯罪の主は創価学会だと言わざるおえません。

一般の方へ

集団ストーカー犯罪に関心をお持ち頂きありがとうございます。ささやかな生活を送る事さえままならない被害者にとりまして、一般の方々と接する機会は貴重であり、以前の当たり前であった日常を思い出す幸せなひと時です。被害者は加害者に取り囲まれ、つきまとわれて劣悪な環境で過ごす事が多くなってしまいがちです。犯罪周知のチラシを配布しておりますので、ご自宅に投函またはお仕事中にチラシの掲示をお願いした方がこのブログにたどり着いてくださったのかもしれません。いつも温かい対応をして頂いております。ありがとうございます。

加害を依頼された方もいらっしゃるかもしれません。すぐに警察へ通報して頂けないでしょうか。可能な場合は録音や録画をして下さい。証拠を残すことについては警察からアドバイスを頂きました。仕返しが怖いからと加害を引き受けても、結局加害者の監視下に置かれ、繰り返し親がらせに加担させられる可能性があります。始めから断ることが賢明だと思います。騙されて加担してしまう場合もあると思いますが、気が付かれた時点で周囲の人に相談、警察に相談していただけるとありがたいです。

※今現在何も思い当たる被害のない方は、この犯罪を知っていただけるだけでも有難いです。これ以上私たちのような被害者を増やしたくありませんので、宗教団体とトラブルにならないようお気を付け下さい。犯罪周知のポスターを掲示して頂く事は犯罪抑止の効果が期待できますのでご協力頂けましたら幸いです。

創価学会員の方へ

私が子供の頃、近所に創価学会員の方がいらっしゃいました。優しく明るい方々で、いつも親切にして頂いたことを覚えています。犯罪に関わっているのは一部の会員だと思いますが、関わっていない方々も少しでも良いのでこの問題について考えていただけないでしょうか。どうかお願い致します。

犯罪に加担してしまった方は大変勇気が必要かと思いますが、一刻も早くこの犯罪を暴露して頂けないでしょうか。今現在、憲法も法律も守られず、被害者には人権がない状態です。私たちは躊躇せず警察に通報、相談を行っていますので、真っ先に捕まってしまうのは実際に実行しているあなた方ではないでしょうか。その時になって犯罪だとは思わなかった、知らなかった、人助けをしていると思っていた等という言い訳は通用しません。命令に背いて反旗を翻したらどうなるのですか?私たちのようにつきまといや嫌がらせをされてしまいますか?どれ程困難な事なのか私にも予想する事は可能です。それでもやはり犯罪にNOと言ってほしいのです。私たちはあなたの勇気ある行動を待っています。

 

被害者の方へ

大変辛い状況だと思いますが、必ずこの犯罪が明るみに出て首謀者が逮捕される時が来る、この犯罪がなくなると信じて生きていきましょう。私にできることは少ないですが、全国の被害者がチラシを配布し、店舗で掲示してもらい、一般の方々への周知が進んでいると思うととても心強くなります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中